Japanese set meal

【古民家カフェ・キッズテラスの和食メニュー】

〜健康な食生活の基本は、一汁三菜(いちじゅうさんさい)〜

昔から日本人の食事は、一汁三菜が基本になっています。一汁三菜とは、ご飯に汁もの、おかず3種(主菜1品、副菜2品)で構成された献立です。

ご飯は、三重県名張市錦生地区の特別栽培米コシヒカリ「にしきおてらす」を使用。(日本穀物検定協会食味ランキングにて特Aを獲得)

また、地元産のきのこをはじめとして、三重県産の安全な食材を用いた日替わりランチをご用意しました。

キッズテラスは、錦米生産センターを併設しており、お米を生産・販売していることや、木の子の里・錦生生産センターの業務を兼任していること、さらには敷地内で無農薬の野菜を育てていることにより、安全な食材を確保しています。

豊かな自然に囲まれたウッドデッキのテラス席、白を基調としたカフェスペースでボリュームたっぷりなサンドイッチや冷んやり爽やかスムージーをご用意しているほか、古民家の和室スペースで日替わりランチ(一汁三菜)や伊賀牛と地元のきのこを合わせた特製ご当地どんぶり「牛きのこ丼」などをお召し上がりいただけます。

◉日替わりランチ(一汁三菜)

・おかず3種(主菜1品、副菜2品)

・ご飯は、三重県名張市錦生地区の特別栽培米コシヒカリ「にしきおてらす」使用

・地元の食材を使った汁物

写真は一例です。
ランチメニューは毎日変わります。

◉牛きのこ丼

伊賀地方の新しい名物・ご当地どんぶりを作りました!

伊賀名物の伊賀牛と地元のきのこをふんだんに使った特製「牛きのこ丼」。

調味料も伊賀越を使うなど、三重県の食材にこだわった一品です。

・ご飯は、三重県名張市錦生地区の特別栽培米コシヒカリ「にしきおてらす」使用

・地元の食材を使った汁物

 

◉伊賀牛カレー

伊賀名物の伊賀牛と地元産の野菜を使ってじっくりと煮込んだ特製カレー。

・ご飯 三重県名張市錦生地区の特別栽培米コシヒカリ「にしきおてらす」使用

・三重県産の生野菜サラダ(自家製ドレッシング・自家製マヨネーズ使用)